Pocket WiFiで充電しながら使えるケーブルを作成しました。
Motorola用の変換アダプタ(380円)を使えばいいのですがその場合Pocket WiFiの接続部が長くなります。それが嫌で自作することにしました。
下が変換アダプタを使っている状態です。
この投稿の一番最後の写真の完成品はこれに比べてすっきりしていると思います。

作成に使った部品はローソンストア100で買ったWillcom用のケーブル(105円)

共立エレショップで購入したMini-USB Bキット(165円)、抵抗200kΩです(10円?)。今回は抵抗の手持ちがなかったために100kと110kを直列にして使いました。

抵抗は270kの方が良いようです。
(2010年2月16日)

回路は下記の通りです


買ってきたWillcom用のケーブルのMini-USBの被覆をカッターナイフで下の写真のように切って分解します

Mini-USB Bキットに上記回路の部品を取り付けます
金属部に部品や配線線材がショートしないようにビニールテープを切ったものを貼り付けます
金属のハウジングはMini-USB Bキットのものではなく分解したWillcom用のものを使います

取り付けた後は瞬間接着剤を使って接着してもとのように組み立てれば完成です。(接着したところが白くなってちょっと汚いですが気になるようでしたら黒マジックでも塗ってください)

同じローソンショップ100でiPod用コネクタ(105円)を買って付ければiPhone用の充電ケーブルとしても使えます

下の写真は完成品で 実際に充電しながら使用しているところです
チャージャーは株式会社リックスのEco Chargerです。このチャージャーの内臓バッテリーは直接家庭用のコンセントに挿して充電できるのでとても便利です。容量の大きいRX-LBAC14シリーズがお勧めです。