1.インストレーション
CentOS5のシステム場合
http://poptop.sourceforge.net/yum/beta/rhel5/i386/
CentOS4のシステム場合
http://poptop.sourceforge.net/yum/beta/rhel4/i386/

にそれぞれのRPMパッケージがありますのでこのURLにアクセスして表示されるrpmパッケージを全てインストールしてください

2.環境の設定

pptpd.configの編集を行います

# vi /etc/pptpd.conf
——————————————————-
以下のように自分の環境に合わせてpptpd.confを作成します
——————————————————-
localip 192.168.1.1-60,192.168.1.100-254
remoteip 192.168.1.70-90
———————————————————–

次にユーザ情報を追加するためにchap-secretsを作成します
# vi /etc/ppp/chap-secrets
以下がchap-secretsの内容です。
name のところはPPTPへのLogin ID です iPhoneで使う任意のIDを入れてください。passwordはそのパスワードです。お好きなパスワードをどうぞ!

# Secrets for authentication using CHAP
# client   server  secret   IP addresses
name pptpd password *

ipフォワーディングをしていない場合には
#echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
を行って下さい

iphoneやwindows端末でで名前解決をするためには/etc/ppp/options.pptpdを編集し、ms-dnsを指定します。
ms-dns 192.168.1.1 <—自分の環境に合わせる

iPhone側の設定は下記の通りです
サーバ名はインストールしたサーバのFQDNを入力してください。アカウント、パスワードは上記の認証で入力したものを入力

e794bbe5838f-109

最後にルータのポートフォワーディングの設定で
ポート番号  47,1723
をPPTPサーバへフォワーディングしてください

以上で終了です。

使い方は簡単です。
下のスクリーンショットのVPNをONにするだけです

e794bbe5838f-134